年収証明書類とは

お手軽!アコムマスターカード申し込み

 消費者金融でお金を借りる際に、年収証明書類が必要な場合がありますよね。 この年収証明書類とは、確定申告書の控えや源泉徴収票、所得証明書、納税通知書など、所得を証明できるものを指しています。 こういった年収証明書類が消費者金融でなぜ必要になってくるのかというと、年収の3分の1を超える額の貸付ができなくなったからです。 これは、最近増えている多重債務のトラブルを少しでも減らすために定められましたが、実際にそれで多重債務が減ったのかというと、そこはちょっと怪しいようです。 というのも、消費者金融で十分な借入ができないために、ヤミ金融業者でしかお金が借りられず、もっと悲惨な結果を招いている人がいるからだとか。

 ヤミ金融は高金利というイメージですが、最近は高金利ではなく、手数料など違う名目で大金を上乗せしてくるようですね。 ヤミ金融業者からお金を借りるということは、絶対に避けなければいけないことだけど、多重債務者を増やさないようにするためのこの総量規制によって、そういう傾向を増やしてしまうことになったというのは、実に皮肉なことですね。 多重債務の問題は、これからも複雑な様相を呈し、結局はいい解決策を見つけることができないのかもしれないなあ。